環境方針

山幸運輸の環境方針

山幸運輸の環境方針

 
有限会社山幸運輸は
地球環境を考え行動し、
環境保全活動を推進することが
我々企業の社会的責任の一つと認識し、
輸送サービスという事業活動から生ずる
環境負荷を低減するよう努めます。

行動方針

  1. 環境に関する法律、規制、協定を遵守し、環境保全に努めます。
  2. 省エネルギー、省資源、排出物の削減を推進し、事業活動における環境負荷の低減を図ります。
  3. 地域とのコミュニケーションをはかり、環境保全活動に協力します。
  4. 環境方針を達成するため環境目的・目標を設定し、技術的・経済的に可能な範囲で継続的な維持・改善に努めます。
  5. 環境方針を社員に周知するために環境教育を推進し、意識の向上に努めます。 

 

環境目標

1 エコドライブ

  1. エコドライブ穏やかな発進と加速(休発進・急加速をしない)
  2. 一段上のギヤで走行
  3. 定速輸送で経済運転厳守
  4. 空ぶかしの抑制
  5. 必要最小程度のアイドリング(アイドリングを心掛ける)
  6. タイヤの空気圧チェック
  7. エアコンの設定温度を控える

2 アイドリングストップ

  1. 駐停車時のアイドリング・ストップはドライバーの鉄則
  2. 荷積卸や休憩時間などにエンジンストップ
  3. 暖気運転は必要最低限の時間に抑える
  4. 主な休憩地点SA・PA・TSでのアイドリングストップの徹底
  5. アイドリングでの燃料消費量(1時間当エンジンの排気量の約1/10リットル)

 

省エネ運転10ヶ条

  1. 省エネ運転10ヶ条車両メンテナンス、エアークリーナー清掃・タイヤ適正空気圧
  2. 平地はアイドリング発進
  3. 早めのシフトアップ
  4. エンジン最高回転1,500r/min
  5. 法定速度で運転
  6. 下り坂以外でのエキゾーストブレーキ禁止
  7. 停車一分以上はアイドリングストップ
  8. エンジンブレーキの活用
  9. 急発進、急停車禁止
  10. 空ぶかしはしない 

 

 

アイドリングストップ実施項目

  1. アイドリングストップ実施項目車両点検時のアイドリングストップ
  2. 洗車時のアイドリングストップ
  3. 休憩時のアイドリングストップ
  4. 暖機運転の時間短縮(冬場は最大10分まで)
  5. 積荷荷卸時のアイドリングストップ
  6. 1分以上停車時にアイドリングストップ